筋トレBIG3の補助種目を選ぶポイントとオススメ種目を紹介!

BIG3の補助種目の選び方とオススメ種目
悩んでいる男の子
初心者はBIG3をやれと言われたけど、それ以外はなにをやればいいんだろう
 

本記事で分かること

  • BIG3の補助種目の選び方
  • ベンチプレスの補助種目
  • デッドリフトの補助種目
  • スクワットの補助種目

以下のような方におすすめです。

こんな人にオススメ

・BIG3の補助種目を知りたい
・日々のメニューを充実させたい

読み方①

BIG3を強くするための補助種目だけでなく、一部、ボディメイクの観点でも補助種目を紹介しています。

以下のラベルで目的をチェックしてください!

強さ ボディメイク

読み方②

選ぶ基準を飛ばして補助種目から読みたい方は以下のボタンから飛んでください。

キリっとした表情の少年
心身ともに強い男になるぞ!

BIG3の補助種目の選び方

以下の3点を意識して補助種目を選びましょう。

  1. BIG3では刺激しにくい筋肉を鍛える
  2. BIG3で鍛える筋肉と対になる筋肉を鍛える
  3. できるだけコンパウンド種目を取り入れる

順に説明していきます。

BIG3ではあまり刺激できていない筋肉を鍛える

BIG3は3種目でほぼ全身を鍛えられるとても効率的なトレーニングですが、あまり刺激できていない部位もあります。

代表的なのが以下の3つです。

  1. 広背筋
  2. 大円筋
  3. 三角筋

そのため、上記の3つを鍛える補助種目はぜひとも取り入れたいです。

具体的に言うと

デッドリフトは背中を厚みを鍛えられますが、広がりはなかなか鍛えられません。

もっと背中の広がりが欲しい!もっと逆三角形の背中にしたい!という場合は大円筋を鍛えるような補助種目を選ぶとよいでしょう。

ラットプルダウンで大円筋を鍛える
気付いた男の子
ラットプルダウンだね!

BIG3で鍛える筋肉と対になる筋肉を鍛える

疑問を持っている女の子
対になる筋肉ってなに?

1番分かりやすいのが腕の筋肉です。上腕二頭筋と三頭筋が対になる筋肉(拮抗筋)です。

腕の筋肉の収縮と伸長
二頭筋三頭筋
曲げているとき収縮伸長
伸ばしているとき伸長収縮

一方の筋肉のみが収縮 or 伸長を続けていると筋肉が硬くなりやすく、可動域が狭くなったり、怪我のリスクが高くなります。

具体的に言うと

ベンチプレスばかりをしていると、胸周りの筋肉が硬くなり動きが悪くなることがあります。ローイングのように前に引っ張られる動きを取り入れるとよいでしょう。

現代人は巻き肩にも注意!
デスクワークなどで巻き肩になっている場合もパフォーマンスの低下につながります。
巻き肩とローイングの比較

できるだけコンパウンド種目を取り入れる

疑問を持っている女の子
コンパウンド種目ってなんだっけ?

コンパウンド種目とは多関節運動種目のことです。

BIG3においては多関節の連動が命なので、できるだけ補助種目でも連動を意識した種目を取り入れたほうが強くなりやすいです。

具体的に言うと

例えば、スクワットだと股関節の動きは最も重要と言っても過言ではないので、レッグエクステンションなどの短関節種目てはなく、ランジ等をオススメします。

気付いた男の子
コンパウンド種目こそ筋トレの王道!

ベンチプレスの補助種目

以下の5種目を紹介しています。

  • ダンベルベンチプレス
  • ペックフライ
  • ショルダープレス
  • ディップス
  • フレンチプレス

胸の種目

ダンベルベンチプレス

強さ ボディメイク

ダンベルベンチプレスをする男性

始めのうちは肘を落ろす場所や上げ方を変えてみて、どういう動きをするとどういう刺激が入るかをいろいろと探ってみるとよいと思います。

おすすめポイント

  • 左右が分離しているので胸の収縮を意識しやすい
  • ベンチプレスよりも可動域が広く取れる
  • ダンベルを支える筋肉が育ち安定感がUP

ベンチプレスで三頭筋に効いてしまうのですがどうすればよいでしょうか

押して上げるというよりも、胸のテンションで押し返すような感覚を掴みましょう!三頭筋に効いているうちは胸と肩の補助種目を重視しましょう。

ペックフライ

強さ ボディメイク

ペックフライをする男性

三頭筋や三角筋が動員されにくいので胸で負荷を受ける感覚がつかみやすいと思います。大胸筋のストレッチも兼ねて広いレンジでやることをオススメします。

おすすめポイント

  • 胸の収縮の感覚を掴みやすい
  • フルレンジでやることでストレッチの効果も期待できる

肩の種目

ショルダープレス

強さ ボディメイク

ショルダープレスをする男性

この種目についてはある程度、重さを扱えるのでペックフライよりも先にやってもいいと思います。肩を鍛えることでメリハリがついてウエストも細く見えるようになります。

おすすめポイント

  • 上方向のプレスで変化を付けられる
  • 丸みのある肩になる
  • 肩幅が広がり、ウエストが細く見える

腕の種目

ディップス

強さ ボディメイク

ディップスをする人たち

ディップスは胸の種目でもあるので、ベンチプレス後の胸の追い込みにも適しています。また、椅子などを使って家でもやることができます

時間がない場合は胸⇒肩まででジムでのトレーニングを切り上げて、三頭筋は家で鍛えるというのもありです。

おすすめポイント

  • 加重を付けて高強度でも行える
  • 自宅でも気軽にできる
  • 主に三頭筋の長頭に効く!

上腕三頭筋の長頭とは?
上腕三頭筋は長頭と短頭に分かれています。ボディメイクの観点ではどちらも鍛えることで、メリハリのある腕にすることができます。

フレンチプレス

強さ ボディメイク

フレンチプレスをする男性

手を首より後ろに回すプレスは希少です。三頭筋の長頭と短頭は似ているようで結構違う種目なのでどちらも取り入れておきましょう!

おすすめポイント

  • ストレッチ効果もある
  • 三頭筋をピンポイントで狙える
  • 主に三頭筋の短頭に効く!

デッドリフトの補助種目

以下の3種目を紹介しています。デッドリフトは疲労も大きいので、補助種目は少なめにしています。

  • ラットプルダウン (or 懸垂)
  • シュラッグ
  • ワンハンドローイング

肩関節は動きが幅広いため、背中の種目に関しては異なる方向から刺激を入れることを意識したいです。

ラットプルダウン

強さ ボディメイク

ラットプルダウンをする女性

序盤にも紹介しましたが、肩の広がりを作る種目です。腕で引くのではなく、背中で引く感覚を掴んでいきましょう。

おすすめポイント

  • ストレッチ効果もある
  • 逆三角形の背中を手に入れる!
  • 上方向からのプルで違いを出せる<

シュラッグ

強さ

シュラッグをする男性

ベンチプレスやデッドリフトなどは肩が下垂しやすい動きなので、シュラッグを取り入れることでストレッチの効果が期待できます。

おすすめポイント

  • ストレッチ効果もある
  • 僧帽筋上部に刺激が入る
  • デッドリフトとは逆の肩を上げる動き

ワンハンドローイング

強さ ボディメイク

ワンハンドローイングをする男性

より可動域が出せるので、ピンポイントの収縮に適した種目です。肩を固定するかしないかで刺激が入る位置も変わりますので、いろいろなパターンを試してみてください。

おすすめポイント

  • 他の種目よりも可動域が大きい
  • やり方次第でいろいろな位置を狙える

スクワットの補助種目

以下の3種目を紹介しています。

  • フロントランジ
  • サイドランジ
  • カーフレイズ

女性などよりお尻を狙いたいという場合はヒップスラストやルーマニアンデッドリフト、ケトルベルスイングなどもよいと思います。

フロントランジ

強さ

フロントランジをする女性

スクワットは両足が揃った動きなので、前後に分かれた動きもやっておきたいところです。

股関節のストレッチにもなりますので、他の様々な種目に活きてくると思います。

おすすめポイント

  • 安定感を保つ必要があり、体幹の筋肉も鍛えられる
  • 股関節のストレッチを狙える
気付いた男の子
股関節の柔軟性は大事だね!

サイドランジ

強さ

サイドランジをする女性

サイドランジでは多種目であまりアプローチできていない内転筋や外転筋も鍛えることができます。フロントランジ同様に股関節のストレッチも狙えます。

おすすめポイント

  • あまり鍛えられていない内転筋、外転筋を刺激できる
  • 股関節のストレッチを狙える
機嫌がいい女の子
アダクション/アブダクションのマシンでもOK!

カーフレイズ

ボディメイク

カーフレイズをする男性

日常動作でもかなり重要な筋肉ですし、将来的に元気に立って歩くということを考えてもぜひ鍛えておきたい筋肉です。

おすすめポイント

  • ジャンプ力を鍛えることができる
  • 老後に備えても鍛えておきたい筋肉
キリっとした表情の少年
ハーフパンツで映える筋肉!

まとめ

BIG3を主軸としつつ部位ごとに分けてトレーニングをしていきたい人にオススメの補助種目を紹介しました。

選ぶときは以下の3点を意識してください。

  1. BIG3ではあまり刺激できていない筋肉を鍛える
  2. BIG3で鍛える筋肉と対になる筋肉を鍛える
  3. できるだけコンパウンド種目を取り入れる

以下、種目のおさらいです。

ベンチプレスの補助種目

  • ダンベルベンチプレス
  • ペックフライ
  • ショルダープレス
  • ディップス
  • フレンチプレス

デッドリフトの補助種目

  • ラットプルダウン (or 懸垂)
  • シュラッグ
  • ワンハンドローイング

スクワットの補助種目

  • フロントランジ
  • サイドランジ
  • カーフレイズ

追加のポイント

ストレッチ種目を意識して紹介していますが、怪我をしない柔軟性の獲得、左右差をなくすための動きが重要なので意識してみてください!

補助種目を取り入れてBIG3をもっと楽しみましょう!

読んでくれてありがとう!

BIG3の1週間のメニューの組み方

スミスマシンでやるメリット・デメリット

BIG3の体重/経験別の目安

BIG3の消費カロリーとは?

BIG3を伸ばすシンプルなプログラム5選

BIG3を効率的に強くする531プログラム