【デッドリフト】リストストラップの使い方とパワーグリップとの違い

デッドリフトやるならどのギア?
泣いている男の子
デッドリフト、手が痛すぎるんだけど!

始めたてのデッドリフトって痛みとの闘いですよね。

「なにか手を保護するものが欲しいけど、どれを買うか迷っている」 という人向けに選び方のポイントをまとめてみました!

本記事の要約

  • 手の保護にはどんなものがあるか?
    ・リストストラップ
    ・パワーグリップ
    ・トレーニンググローブ
  • リストストラップがおすすめな理由
    ・グリップ感が強い
    ・コスパがよい
  • 選び方のポイント
    ・そのほかの種目でも使うか
    ・どのくらいの重量を扱うか

この記事を書いた人

よし

よし

デッドリフト MAX 175kg

グローブは1回使って友達にあげる

パワーグリップは別種目で使う

2代目リストストラップを愛用中

筋トレの握力補助ができる道具

デッドリフト用の握力補助アイテムは3つ

手を保護するアイテムには以下の3つがあります。

  1. リストストラップ
  2. パワーグリップ
  3. トレーニンググローブ

名前で分からない方は以下の写真でイメージしてください。なお、リストストラップはリフティングストラップと呼ばれることもあります。

各トレーニングギアの比較表

ストラップパワーグリップグローブ
画像リストストラップパワーグリップトレーニンググローブ
グリップ感◎とてもよい〇よい〇よい
手軽さ〇よい〇よい◎とてもよい
耐久性◎とてもよい〇よい〇よい
他種目△イマイチ◎とてもよい〇よい
気付いた男の子
デッドリフトのことだけを考えるとリストストラップがいいんだね!

ポイント

  • 握力補助のアイテムは3つ
  • デッドリフトだけを考えるとリストストラップがオススメ!
  • 他種目を考えるとパワーグリップがおすすめな場合も!

腹筋ローラーの芯をバーベルに見立ててそれぞれの特徴を説明していきます!

腹筋ローラー

リストストラップの使い方と特徴

  1. グリップ感がとてもよい
  2. 巻くのは少し手間がかかる
  3. 耐久性は問題なし

グリップ感がよい

バー全体をほぼ隙間なく握ることができます

最も素手に近い感覚で握ることができますので、グリップ時の安心感があります。

リストストラップを巻いた様子
リストストラップでバーを握った状態

リストストラップの巻き方/使い方

慣れると問題ないですが、リストストラップは付けるのに少し手間がかかります。

ラットプルダウンや懸垂でも使いたい人はパワーグリップを検討するのもオススメです。

リストストラップの使い方
  • Step1
    輪っかを作り手を通す
    リストストラップ
  • Step2
    2周くらい巻き付ける
    リストストラップの手軽さ
  • Step3
    上から握って使う
    リストストラップを巻いた様子

リストストラップは耐久性が抜群

リストストラップに関しては全周で均等に負荷を受けることができるので、安いものを買っても十分な耐久性があります。

おすすめポイント

よし
よし
1000円のものでハーフデッドリフト200kgを持っても全然大丈夫でした!

リストストラップが向いている種目

リストストラップが向いている種目は以下です。ストラップはだらんと垂れてしまうので、バーが下にある種目のほうが使いやすいです。

  • デッドリフト
  • ベントオーバーローイング

パワーグリップの使い方と特徴

  1. グリップ時に少し隙間が空いてしまう
  2. オールラウンドに使いやすい
  3. 耐久性は価格次第

パワーグリップの使い方

半周のみを巻き付けるので少しだけ隙間が空いてしまいます

手軽に巻けるので懸垂やラットプルダウンをするのには便利ですが、高重量でデッドリフトをする際には少し不安が残ります。

パワーグリップ掴み

装着には少しコツがいる

装着後は手軽にトレーニングができますが、物によっては装着時にベロが反対の手に当たってしまうので慣れが必要です。

パワーグリップを装着するときの難点

パワーグリップの耐久性は価格次第

パワーグリップは半周しか巻いていないため、手のひらで握りこんでいるところに負荷が集中します。耐久性に劣る安価なもので高重量を扱うとすぐにダメになってしまいます

耐久性の課題

自重の懸垂やマシンのラットプルダウンのみで使う場合はコスパ重視で安い物から使い始めても問題ないです。

補足

安価なものはクッションが一体となっており、手首全体が巻かれてしまうのでめちゃくちゃ暑いです。最低限、別体のものを買ったほうが満足度は高いと思います。

パワーグリップのクッション

パワーグリップが向いている種目

パワーグリップが向いている種目は以下です。高価なものを買えばデッドリフトやベントオーバーローでも十分使えます。

  • 懸垂
  • ラットプルダウン
  • ワンハンドローイング
懸垂
ラットプルダウン

ダンベルのローイングなどは手軽に巻けるパワーグリップのほうが使いやすいと思います。

トレーニンググローブ(手袋)の使い方と特徴

  1. 手の保護はできる
  2. でも、握力補助の機能はほぼない
  3. とにかくサイズ感が命!

手の保護はできるが、握力補助はあまり期待できない

グローブなので、巻き付ける要素はなく、バーとの摩擦力が増す / 手のひらが直接当たらないという役割になります。

グローブでバーを握る様子

※手元にグローブがないので低クオリティなペイントでお届けしています。

握力を補助する役割は最も低いので握力が弱い人が高重量を扱うには不向きと言えます。

とにかくサイズ感が命

とにかくサイズ感が命です!

私はサイズが合わなかったので、友人にプレゼントしました。トレーニング用のグローブにこだわるよりはワークマンなどで試着できるものを選ぶほうが無難かもしれません。

プレス系種目でも使いやすい

プレス系種目(ベンチプレス, ショルダープレスなど)でも滑り止めとして使うことができるので、幅広く使えます。

それぞれの特徴まとめ

リストストラップ

リストストラップ

メリット

グリップ感がよく、耐久性にも優れる。

デメリット

バーベル種目以外で使うのは少し面倒

パワーグリップ

パワーグリップ

メリット

オールラウンドに使いやすい。

デメリット

本格的に使うのであればやや高価

トレーニンググローブ

グローブ

メリット

多くの種目で使うことが可能

デメリット

握力補助は期待できない。
サイズが合わないことがある

デッドリフトで使う道具の選び方

それぞれどのような人に向いているのかをまとめましたので参考にしてください。

リストストラップが向いている人

  • デッドリフトだけに困っている
  • とにかく安いもので試したい
  • 素手に近い感覚でやりたい

パワーグリップが向いている人

  • ベントオーバーローや懸垂も極めたい
  • お金を出してでもいいものが買いたい

トレーニンググローブが向いている人

  • そこまで高重量を扱う予定がない
  • プレス系種目でも使いたい

おすすめの握力補助アイテム

リストストラップのおすすめ

リストストラップについては安いものでも十分使えるので安い物から使ってみてください。

おすすめはコレ!

RDX リストストラップ (¥1700~)

輪っかに手を入れるのでサイズ選びも失敗しません。

パワーグリップのおすすめ

パワーグリップについては1000円台のものは避けたほうが無難です。

おすすめはコレ!

ALL OUT パワーグリップ (¥2980~)

高重量を扱う人はこっち!

GOLD’S GYM パワーグリップ (¥7600~)

注意1

パワーグリップは手首の太さを測ってサイズを決める必要があります。メジャーなどを使って自分にあったものを見つけましょう。

注意2

GOLD’S GYMのパワーグリップは “VERSA GRIPPS” という製品にGOLD’S GYMのロゴを付けただけのものです。色や見た目が複数種類あるので、好きなものを選んでください。

近くにフィットネスショップがある方は試着できるかもしれません。

フィットネスショップとは?

GOLD’S GYMの商品を取り扱うショップのことです。関東: 13店舗、中部: 1店舗、関西: 5店舗、九州: 2店舗あります。

トレーニンググローブのおすすめ

あまり使っていないので私からはおすすめできません。

まとめ

デッドリフトにおすすめのトレーニングギアを紹介しました。

おさらい

  • しっかりグリップしたいならリストストラップ!
  • リストストラップは安くてもよい
  • 他の種目も追い込みたいならパワーグリップ
  • パワーグリップはそれなりにお金を出したほうが幸せ

背中はギアのありなしで1番差が出る部位だと思います。手の豆などもかなり改善するので試してみてください!

痛みが減ると背中トレが楽しくなります!

読んでくれてありがとう!

おすすめをもう一度見る

ワイドデッドリフトのコツ!

はじめにこの記事は パワーチューブ さんの動画での発言をもとに、パワーリフティングのド素人である筆者が頭の中でのみ辿り着いたお話です。事実とは異なる可能性がありますし、私もチャレンジ途中の内容にはなりますが、ご了承ください[…]

ワイドデッドリフトのコツ
デッドリフトの種類を紹介!

スモウデッドリフトは聞いたことがあるけど他にもいろいろあるのかな?デッドリフトをもっと好きになりたいあなたのためにデッドリフトの種類をまとめて紹介します!限界を吹き飛ばして頑張りましょう![…]

デッドリフトの種類をまとめて紹介
デッドリフトは足袋靴がおすすめ!

10秒で分かるこの記事のポイント!\本日の主役/ワークマンの足袋靴ここがおすすめ!安い軽いグリップ力が高いかさばらない底が薄いコスパ最強です!実はトレーニーに人気のある足[…]

足袋靴でジムに行こう!

Amazon prime day 7/12(火)7/13(水)


7/12(火)7/13(水)は年に1度のAmazon prime dayです。今回のprime dayの概要をまとめていますので、まだ確認できていない人はぜひチェックしてみてください。筋トレ好き向けにタイムセールやポイント還元商品もピックアップしていきます。

prime dayの情報を確認する!