大容量プロテインの保存方法を紹介!高温多湿を避けよう!

大容量プロテインの保存方法
悩んでいる男の子
安さに釣られて大きいプロテインを買ったけど、使いにくいな・・・

そうなんですよね。
大容量のプロテインは確かに安いですが、少し扱いにくいです。

そこで本記事では、そんなあなたにピッタリの“大容量プロテインの保存方法” を紹介します。

安いプロテインを探している場合は、以下の記事も参考にしてみてください!

関連記事

 あれ?プロテインが値上げしてる!? 中国の爆買いで値上げなんて話もありますね。[blogcard url=https://news.yahoo.co.jp/articles/[…]

保管する際に気を付けたいこと

保存する際は以下の2点に気を付けたいです。

  1. 高温
  2. 多湿

高温多湿の環境下でプロテインを保存するとタンパク質が劣化してしまうだけでなく、雑菌やダニが繁殖してしまい、命の危険もあるので要注意です。

過去にTV番組などで放送されたこともありますが、プロテインに限らず、小麦粉などでも起こり得ます。

日本テレビ

美味しそうなお好み焼きが突然命を脅かす症状に! ある一家を襲った、恐怖の出来事とは? …

では、具体的にどうすればよいかというと

  • 密封容器で保管する
  • 乾燥剤を入れる
  • 冷蔵庫保管もオススメ

ですね。

特に気を付けたい条件としては

  • 梅雨など湿度が高い季節
  • 家の温度や湿気が高くなりやすい人
  • 使い切るのに時間がかかる人

などがあります。

ぜひ、これから紹介する方法を使って健康を維持しながら筋肉を育てましょう!

オススメの保管方法

実際に私がやっているのは以下の方法です。

X-PLOSIONのプロテイン 3kg

使っているのは

  • プロテイン 3kg
  • フレッシュロック (1.4L)
  • 珪藻土スティック

です。

フレッシュロックについては1.4Lのものを使っています。

フレッシュロック 1.4Lだと2つでちょうど1kg入ります。
フレッシュロック 1.4L 2つ

珪藻土はスティックタイプのものです。
これについては食品用の乾燥剤でもよいと思います。

保存容器に入った珪藻土スティック

写真に映っているX-PLOSIONは3kgなのでこれが6個できます。

3kgのプロテインをフレッシュロック6個に保存

私は以下のようにして常温のものから使うようにしています。

  • 常温保存:3個
  • 冷蔵保存:3個
冷蔵庫から取り出すと結露してしまうので、すぐに戻すようにしましょう!

保存容器を買っても安いのか?

疑問を持っている女の子
いろいろ買ったら逆に高くならない?

ということで少し計算してみました。

以下のような人は買ったほうがいい
・家に他の保存容器がない人
・月に1kg以上はプロテインを飲んでいる人

X-PLOSIONは1kgがないので、マイプロテインで比較してみます。

セールで50%OFFとすると
1kgで購入: 2595円/kg
2.5kgで購入:2118円/kg

1kgあたり477円おトク!
毎月1kg飲むと、年間 5724円おトク

一方で、フレッシュロックと乾燥剤は

容器 1.4L ×3個セット:2400円
3個セット × 2個:4800円
珪藻土スティック:600円

合計 : 5400円

気付いた男の子
トレーニングを1年続けるならおトクなんだね!
気が付いた女の子
使い道はいろいろあるから他の容器を持っていない人はあってもいいかもね!

フレッシュロックの利点

他にもいろいろ容器はありますが、フレッシュロックがオススメな理由も紹介しておきます。

  • 軽い
  • 割れない
  • ワンタッチオープン

軽い

フレッシュロック 1.4Lは1つ 145gです。重さで言うと iPhone SEと同じくらいです。

反対の手でシェーカーを持ちながら棚から取り出したりすることを考えると、軽いほうが楽です。

iPhone SEと同じ重さのフレッシュロック

割れない

フレッシュロックはプラスチック製なので、ガラス製に比べるとかなり割れにくいです。

お子さんやペットなどがいる場合でも安全に使えます。

ワンタッチオープン

フレッシュロックを語るにおいてこれは外せないですね。

実際に片手で開け閉めする動画を撮ったので使用感を味わってください。

目を輝かす女性
この使用感たまらないね!!

まとめ

大容量プロテインの保存方法を紹介しました!

使っているものは

  1. プロテイン
  2. フレッシュロック 1.4L
  3. 珪藻土スティック

でした。

ダニなどが繁殖すると命の危険もあるので、日頃から注意して保管しましょう!

読んでくれてありがとう!