カテゴリ
お得な情報

最大60%OFFセール開催中

感謝祭実施中 / ~1/31

プロテインはここから

【トレーニング上達】筋トレのフォーム動画を撮るなら三脚が便利!

自分のフォームをチェックしたい

パーソナルトレーナーなどを付けずに独学で筋トレをしている人にとって動画でのフォームチェックは必須とも言えます。トレーニング中の感覚に加えて、客観的なフォームチェックをやるかやらないかで上達スピードはかなり違ってきます。

参考:筆者のベンチプレスのフォーム

ただ、フォームは撮る角度によってかなり見え方が変わってきます。そのため、いろんな角度から撮影できる三脚はかなり便利です。私が実際に撮った画像も載せていますので三脚選びの参考にしてみてください。

目次

筋トレ動画を三脚で撮るとどれくらい違うか

まずは撮る高さや角度の違いでどれくらいフォームの見え方が違うかを実感してみてください。

スクワットの見え方の違い

スクワットでは撮る角度によってしゃがみの深さが変わって見えるのが特徴です。体の角度はだいたい一緒に見えるので上半身を評価したいか、下半身を評価したいかで使い分けるとよいでしょう。

上から撮ると
  • 腰の状態が分かりやすい
  • 担ぎの状態が分かりやすい
  • 少ししゃがみが浅く見えることも
下から撮ると
  • しゃがみの深さが判断しやすい
  • 腰の状態が分かりにくい
  • 担ぎの状態が分かりにくい

ベンチプレスの見え方の違い

ベンチプレスは撮る高さによって最も見え方が変わってきます。フォーム全体がチェックできるので基本は上から撮影し、ときどき下から撮影してアーチの高さなどをチェックするのがよいでしょう。

上から撮ると
  • 挙上の左右差が分かりやすい
  • ひじの状態が分かりやすい
  • アーチの状態は見えにくい
下から撮ると
  • アーチの状態が見やすい
  • セーフティーバーが被ってしまう
  • 挙上の左右差が分かりにくい

デッドリフトの見え方の違い

デッドリフトではどちらの撮り方も一長一短です。下からのアングルは全体を収めやすく、上からのアングルは体幹の曲がり具合を理解しやすいです。フォーカスしている点に応じて使い分けましょう。

上から撮ると
  • 胸の曲がりが分かりやすい
  • 腰の曲がりが分かりやすい
  • 広角でないと全体を収めにくい
下から撮ると
  • フィニッシュを画角に収めやすい
  • 真横はウエイトが被ってしまう
  • 肩の状態が分かりにくい

補足
基本的に上から撮ったほうが周りの映り込みを制限できます。他人への配慮が必要な公共のフィットネスジムでは特に重要かと思います。

筋トレ動画をスマホで撮るための三脚

スマホ用の三脚の種類

スマホ用の三脚には大きく分けて以下の3種類があります。

  • くねくねスタンド
  • 上が伸びるスタンド
  • 下が伸びるスタンド
くねくねスタンド
上が伸びるスタンド
下が伸びるスタンド

スマホ用三脚の特徴を比較

3つの三脚にはそれぞれ以下のような特徴があります。

スクロールできます
くねくね上が伸びる下が伸びる
置ける場所
高さ
安定性
特徴足が曲がる自撮り棒にも一眼レフにも

くねくねスタンド

くねくねスタンドは足が曲がるので下に置くだけではなく物に固定できるというのが特徴です。ただ、足が曲がってしまうので意外と真っ直ぐ立てるのが難しいです。私が持っているのは「UBeesize」のものです。

工夫次第でいろんな場所に

真っ直ぐ立てるのが難しい

上が伸びるスタンド

上が伸びるスタンドはスティック状に収納できてコンパクトなのが特徴です。自撮り棒としても手に持って使うこともできます。ただあくまでもスマホ用であり、一眼レフなどに使うのは少し心配ですね。

コンパクトに収納

安定感には少し劣る

下が伸びるスタンド

足側が伸びる「THE・三脚」というタイプです。高価なスマホを使う人や一眼レフとの共用を考えている人におすすめです。

とにかく安定感がある

かさばる&重い

筋トレ動画を撮るのにおすすめの三脚

高さ調節できるものがおすすめ

全て3000円以内で買えて値段はそこまで変わらないのでトレーニングフォームの撮影用であれば高さ調節できるものがおすすめです。

  • 下が伸びるもの (Ailewu など)
  • 上が伸びるもの (XXZU など)
選び方
  • 自撮り棒と兼用したい人:上が伸びる
  • 一眼レフと兼用したい人:下が伸びる

三脚の高さ調節のイメージ

私が実際に購入した「XXZU」の三脚の高さ調節のイメージを紹介します。だいたいの三脚が4 or 5段階くらいの高さ調整ができます。

高さ①52cm
高さ②76cm
高さ③101cm
高さ④128cm
高さ➄152cm
スクロールできます

三脚の角度調節のイメージ

こちらも私が実際に購入した「XXZU」の三脚の高さ調節のイメージを紹介します。下が伸びるタイプの三脚では3方向すべての角度調整ができるので、ちょっとした微調整がかなりやりやすいです。

まとめ

トレーニングフォームのチェックに使えるスマホ用の三脚について紹介しました。

おさらい

  • 撮る高さによってフォームの見え方が違う
  • スマホ用三脚の種類は大きく分けて3つ
  • 多段階で高さ調節できるものがおすすめ

いろいろな角度から自分のフォームを確認することで新たな発見があり成長スピードも速くなります!分析力も身に付けて周りに差をつけましょう!

読んでくれてありがとう!

\その他の道具もチェック!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次