カテゴリ
お得な情報

最大60%OFFセール開催中

感謝祭実施中 / ~1/31

プロテインはここから

トレーニングチューブやケーブルマシンの使い方やデメリットは?

目次

トレーニングチューブの特徴と使い方

トレーニングチューブの特徴は?

トレーニングチューブ / トレーニングバンド は以下のようなものです。誰しもが一度は見たことがあると思います。ウエイトトレーニングは重力を利用したトレーニングですが、チューブやバンドはゴムの弾性を使っています。

トレーニングチューブ
トレーニングバンド

トレーニングチューブのメリット

  • 負荷の方向を自由に選べる
  • 引っ張った分しか負荷がかからず安全

負荷の方向を自由に選べる

最大の特徴はフリーウエイトトレーニングと違って負荷の方向が選べることです。そのため、ベンチに寝転がったり、様々なマシンを使ったりしなくても手軽にあらゆる部位を鍛えられます。

重力は常に下向き
フリーウエイトトレーニングの例

引っ張った分しか負荷がかからず安全

もう1つの特徴は引っ張った分だけ負荷がかかることです。例えばベンチプレス100kgができない人が挑戦して押しつぶされてしまうことはあります。一方で、チューブは自分の力以上に引っ張ることができません。常に自分の力に見合った負荷がかかります。

トレーニングチューブのデメリット

  • 複数のチューブを使い分ける必要性
  • 両側から引っ張る必要がある

デメリットは、かけたい負荷に応じて複数のチューブを使い分ける必要があることです。また、全身を鍛えるには少し工夫が必要なので、「どう使えばいいか分からない」という方も多いのではないかと思います。

5種類のトレーニングバンド
引用:Amazon

おさらい

  • トレーニングチューブは負荷の方向を選べるのであらゆる部位を手軽に鍛えられる
  • ただし、全身を鍛えるには使い分けや工夫が必要なので初心者には難しいことも

参考
トレーニングチューブのイメージを掴みたい人はこちら

トレーニングチューブの使い方|上半身(背中・腕・肩)を鍛える【6種目】

ケーブルマシンの使い方とデメリット

ジムのケーブルマシンの特徴

重力が常に下向きという弱点を克服したケーブルマシンがあります。基本的にはこれ1台で体の全ての部位を鍛えることができます。滑車を使って力の向きを変えているのが特徴です。

ケーブルマシンを使う女性

ケーブルマシンの使い方/メリット

  • ピンを差し替えるだけで手軽に負荷を変更できる
  • レバーで簡単に高さを変えられる

ケーブルマシンは手軽に負荷/高さ調整ができるため、トレーニングの自由度が高いです。ジムでは主に中級者以上が好んで使っている印象です。

ケーブルマシンのスタック構造と高さ調整構造
ケーブルマシンの拡大図

ケーブルマシンのデメリット

  • 広いスペースが必要なので、置いていないジムが多い
  • 人気なので割と順番待ちが発生する

ケーブルマシンは人がケーブルを引っ張る空間も必要なので、かなり場所をとります。そのため、フリーウエイト重視でないジムではほぼ置いていません。

ケーブルマシン周りのなにも置けないデッドスペース

おさらい

  • ケーブルマシンはかなり便利でなんでもできる!
  • ただし、置いていないジムのほうが多く、なかなか使えない

参考
ケーブルマシンのイメージを掴みたい人はこちら

【保存版】ケーブルマシンの使い方講座!全11種目の全身を鍛えるトレーニングメニュー紹介!

トレーニングチューブとケーブルマシンの特徴比較

ここまでの話を簡単にまとめてみました。基本的には負荷の低いうちはチューブがおすすめ、負荷が高くなってくるとケーブルのほうがおすすめです。

チューブ

トレーニングチューブ

手軽さ
安全性
万能さ
場所
難易度

ケーブル

ケーブルマシン

手軽さ
安全性
万能さ
場所
難易度

トレーニングチューブの特徴を利用した応用的な使い方

メリット

全領域で限界ギリギリの効率的なトレーニングができる

応用的な使い方としてフリーウエイトとチューブのトレーニングを組み合わせる方法もあります。スクワットを例に紹介します。

ウエイトトレーニングの特徴

スクワットをするうえではしゃがみが深くなるほど、扱える重量は下がっていきます。それに対して、バーの重さはどのポジションでも同じです。

そのため通常は以下の2パターンから目的に合わせてしゃがみの深さを選ぶ必要があります。

  1. 浅いしゃがみで重いものを扱う
  2. 深くしゃがみで軽いものを扱う
スクワットのしゃがみと重さの関係性

チューブトレーニングの特性

一方でチューブの特性は以下のようになっています。立った姿勢では最も伸びているので、最大荷重がかかりますが、緩みが発生したタイミングからチューブによる負荷はかからなくなります。

チューブの負荷の特性

チューブとウエイトを組み合わせると

このチューブの特性をバーに加えることで全領域で限界に近いトレーニングができます。高い強度/効率を持った上級者向けのトレーニングです。

バーとチューブを併用した負荷と持てる重さの関係性

まとめ

トレーニングチューブの特徴と上級者向けの使い方を紹介しました。

この記事の振り返り

  1. トレーニングチューブの特徴
  2. ケーブルとの比較
  3. フリーウエイトと組み合わせる

この記事の重要ポイント

  • チューブは力の方向を選べるのが特徴
  • ただし負荷は素材に依存
  • 負荷を選べるようにしたのがケーブルマシン
  • 上級者はフリーウエイトと組み合わせよう

弾性のトレーニングも活用しながら体を鍛えていきましょう!

読んでくれてありがとう!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次