サイト工事中です。デザインが乱れており申し訳ございません。

筋トレにおすすめ!モスバーガーでタンパク質が多いメニュー

モスバーガーの評価まとめ

おすすめ度
筋トレ 増量 [star-list number=3.5]
筋トレ 減量 [star-list number=2.5]
総合コメント
全体的にタンパク質は少なめ。最も優秀なのはテリヤキチキンバーガー。ナゲットやポテトはマックよりも低脂質/低カロリーなのでおすすめ。

マクドナルドはこっち!

目次

モスバーガーの高タンパク/低脂質メニュー

ポイント
モスで最もPFCバランスに優れたバーガーはテリヤキチキンバーガー

モスバーガーのタンパク質含有率TOP3

モスバーガーのバーガーメニューでタンパク質の割合が高いのは以下です。

  1. テリヤキチキンバーガー
  2. ダブルチーズバーガー
  3. ダブルハンバーガー

ただし、2位のダブルチーズバーガーも3位のダブルハンバーガーも脂質が高めです。増量中のみにしておきましょう。

モスバーガーのタンパク含有率が高いメニューTOP3
メニュータンパク質の割合
テリヤキチキン26.2%
ダブルチーズ20.4%
ダブルハンバーガー20.1%

高タンパク/低脂質なのはテリヤキチキン

モスバーガーではとにかく「テリヤキチキンバーガー」を食べておくのが間違いないです。最もバランスがとれたメニューです。

熱量307kcal
タンパク質20.1g
脂質10.5g
炭水化物32.8g
価格410円

おさらい

  • モスのバーガーメニューは全体的に脂質が高くタンパク質少なめ
  • テリヤキチキンバーガーを食べるのがおすすめ!

筋トレ向きの最もタンパク質が多いメニュー

ポイント
タンパク質が多いバーガーは脂質もカロリーも高い。チキンナゲットとの組み合わせがおすすめ

モスバーガーのタンパク質が多いTOP3

モスバーガーでとにかくタンパク質が多いのは以下です。

  1. ダブルとびきりチーズ
  2. ダブルとびきりトマト&レタス
  3. ダブルとびきり和風ソース

ただし、どれも高脂質/高カロリーなので、おすすめできません。太りにくい体質でハイカロリーにしないと体重が落ちてしまうような人向けです。

モスバーガーのタンパク質が多いメニューTOP3

チキンナゲットとの組み合わせがおすすめ

カロリーを押さえつつ高タンパクにしたいのであれば、「テリヤキチキンバーガー+チキンナゲット」の組み合わせがおすすめです。

テリヤキチキン+ナゲットがおすすめ
 ダブルとびきりチーズテリヤキチキン
+ナゲット
熱量727kcal502kcal 
タンパク質31.6g34.9g 
脂質43.4g 20.7g
炭水化物52.6g 43.7g
価格730円760円 

カロリーを200kcal以上も押さえながらより高タンパクなPFCバランスになっています。

おさらい

  • 高タンパクなバーガーは高脂質/高カロリー
  • テリヤキチキン+ナゲットが最も優秀!

サイドメニューをマクドナルドと比較

チキンを比較

ポイント
モスチキンとシャカチキの栄養成分には大差なし。あとは価格と味の差。

カロリー:269kcal
タンパク質:15.3g
脂質:16.6g
炭水化物:14.7g
価格:280円

カロリー:243kcal
タンパク質:14.8g
脂質:12.8g
炭水化物:17.2g
価格:150円

ナゲットを比較

ポイント
栄養成分ではモスバーガーのほうが優れている。価格はマクドナルド。

カロリー:195kcal
タンパク質:14.8g
脂質:10.2g
炭水化物:10.9g
価格:350円

カロリー:270kcal
タンパク質:15.8g
脂質:17.2g
炭水化物:13.1g
価格:200円

ポテトを比較

ポイント
ポテトLはマックのほうが量が多い。ポテトSの2.3倍ありおトク。

重量:150.9g
カロリー:341kcal
タンパク質:4.4g
脂質:14g
炭水化物:49.5g
価格:330円

重量:170g
カロリー:517kcal
タンパク質:6.7g
脂質:25.9g
炭水化物:64.3g
価格:330円

おさらい

  • ナゲットの栄養成分はモスバーガーのほうが優秀
  • 価格は全体的にマクドナルド

モスバーガーのメニューについて補足

モスバーガーについての補足

モスバーガーのメニューについての補足です。

  • お肉を食べないならソイパティメニューを選ぶ
  • ホットドッグは脂質高めなのでおすすめしない
  • ライスバーガーは炭水化物を多めにとりたいときに選ぶ
  • 炭水化物を減らしたいなら菜摘シリーズ

詳しくはモスバーガーの公式ホームページでチェックしてください!

目的別に別の外食チェーンを探す

低脂質/低カロリーメニューを知りたい

サブウェイ

<特徴>
350kcal以下のメニューがかなり豊富にあります。

増量向きの高タンパクなメニューを知りたい

牛丼チェーン

<特徴>
600~1000kcalのメニューが豊富です。ロカボメニューなら450kcal以下です。

大戸屋

<特徴>
800~1000kcalのメニューが豊富です。一部なら600kcal以下のメニューもあります。

まとめ

モスバーガーで筋トレをしている人向けにメニューの選び方を紹介しました。

この記事の振り返り

  1. PFCバランスが優れたメニュー
  2. とにかく高タンパクなメニュー
  3. マクドナルドとサイドメニューを比較
  4. モスバーガーについて補足

重要ポイント

  • テリヤキチキンバーガーが優秀
  • タンパク質をしっかりとりたいならテリヤキチキン+ナゲット
  • ポテトやナゲットはマクドナルドより低カロリーだが値段が高い

上手にファストフードや外食チェーンを使いながら体作りしていきましょう!

読んでくれてありがとう!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

筋トレ歴6年 / BIG3の合計は445kgです。2022年はTotal 500kgを目指して日々、トレーニングに励んでいます。

目次