サイト工事中です。デザインが乱れており申し訳ございません。

いくつ分かる?10種類のプロテインの特徴を紹介!

目次

実は多いプロテインの種類

近年、フィットネス文化が広がりを見せつつあります。それに伴い、ドラッグストアなどに置かれているプロテインの種類も増えてきていますね。

プロテインの種類はホエイだけでなく、カゼインやソイもあるということを知っている人も多いと思います。

タンパク質を含む食べ物

ただ、実はプロテインの種類はさらにもう少しあります。ヘンプやピーになると知っている人はかなり珍しいのではないでしょうか。この記事では、以下のプロテインについて紹介します。

メジャープロテイン

王道プロテインの種類と特徴

ホエイ (牛乳由来)

説明不要なレベルなのかもしれませんが、牛乳由来のプロテインです。牛乳由来のタンパク質のうち20%がホエイ、残り80%が次に出てくるカゼインです。

ホエイは水溶性のため、ダマになりにくく吸収が2時間前後とはやいのが特徴です。また、3種類の製法があり、タンパク質含有率やお値段が異なります。

  1. WPC製法:タンパク質含有率 80%前後、安価
  2. WPI製法:タンパク質含有率 90%前後、やや高め
  3. WPH製法:タンパク質含有率 95%前後、高価

コスパ最強のホエイプロテインを知りたい方はこちらをご覧ください。

カゼイン (牛乳由来)

カゼインもホエイと同じ牛乳由来の成分ですが、違いは不溶性であることです。そのため、固まりやすく、吸収は6~8時間と遅めです。

ホエイとカゼインの説明

ヨーグルトの水切りをしたときに液体になっているものがホエイ、固まりのものがカゼインです。ホエイ+カゼインの混合プロテインというのもあります。

ソイ (大豆由来)

ソイは大豆由来で植物性のタンパク質です。特徴としてはカゼインと似ており、やや溶けにくく消化吸収がゆっくりです。

原料の大豆由来でイソフラボン、サポニン、食物繊維などが含まれるため、牛乳由来とは異なる効果が期待できます。

※食物繊維については分離して除かれているものも多いです。

マイナープロテインの種類と特徴

エッグ (卵白由来)

エッグプロテインは卵白を用いたプロテインです。牛乳由来のプロテインは人によっては消化しきれず、お腹の調子が悪くなることがあるため、ホエイプロテインの代替として注目度が高まってきています。

ソイプロテインにも乳糖は含まれていませんが、吸収速度が遅いため、乳糖が含まれていない かつ 吸収速度が速い というのが利点です

エッグプロテインについて詳しく知りたい方は以下を参考にしてください。

ヘンプ (麻の実由来)

ヘンプは麻の実のことです。プロテインとしては馴染みがないかもしれませんが、ヘンプシードオイルなどは聞いたことがあるかと思います。スーパーフードとして話題になりましたよね。

麻の実

ヘンププロテインについてはタンパク質含有率が50%ほどしかありませんが、残りの成分はオメガ3、オメガ6などの必須脂肪酸食物繊維などトレー二―が好きな栄養素ばかりです。

残りの茎や繊維も紙やバイオプラスチックに使えるということもあり、エシカル(倫理的)かつサスティナブルな食糧として大注目です。

ピー (えんどう豆由来)

ピープロテインはえんどう豆のプロテインです。日本では全く馴染みがないですが、世界的には市場が広がりつつあります。ヴィーガンかつ大豆アレルギーの方に好んで選ばれています。

えんどう豆

また、農作物の中で育てるのに必要なエネルギーが少ないため、環境負荷の面でも選ばれる場面が増えてきているようです。

ライス (お米由来)

ライスプロテインはお米由来のプロテインです。白米から抽出されたものと、全粒玄米から抽出されたものがあり、後者についてはブラウンライスプロテインと表記されることもあります。

お米と稲穂

吸収は比較的ゆるやかで、食物繊維を多く含むのが特徴です。ただし、アミノ酸スコアはあまり高くありません。料理にまぜて栄養補給という使い方もありそうです。

ビーフ(牛乳由来)

ビーフプロテインは牛肉由来のプロテインです。筋トレ大国アメリカでは利用している人が多いです。吸収は早めです。特に肉臭いということはなくヨーグルト味などのものが多いようです。

牛肉のスライス

サプリメントで飲んでいる方も多いかと思いますが、クレアチンが豊富に含まれているのが特徴です。

クリケット(コオロギ由来)

コオロギは実はハリウッドセレブでも愛用者がいる未来のスーパーフードと呼ばれています。プロテインに限らずパスタ、しょうゆ、佃煮、せんべい、クッキー、パンなど続々と商品化されてきています。

牛の飼育に比べて、排出される温室効果ガスが少なく、必要な飼料も水も少ないということで、未来のタンパク源になる可能性大です!ボディビルダーの筋肉がコオロギで作られる未来もそう遠くない?

コオロギは英語でクリケット (CRICKET) といいます。インドで有名なスポーツの名前と同じです。CRICKET PROTEINとして商品化されているものが多いです。

まとめ

10種類のプロテインについてまとめてみました。

知り合いのトレー二ーに自慢しましょう!

読んでくれてありがとう!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

筋トレ歴6年 / BIG3の合計は445kgです。2022年はTotal 500kgを目指して日々、トレーニングに励んでいます。

目次