デッドリフトの種類をまとめて紹介!バー/使う器具/握り方などで分類!

デッドリフトの種類をまとめて紹介
気付いた男の子
スモウデッドリフトは聞いたことがあるけど他にもいろいろあるのかな?

デッドリフトをもっと好きになりたいあなたのためにデッドリフトの種類をまとめて紹介します!

限界を吹き飛ばして頑張りましょう!

デッドリフトを頑張るうさぎ
ビックリする男の子
なんだこいつ~

デッドリフトの種類を分類

本記事では以下の5つの分類で紹介していきます。

  1. スタート位置
  2. フォームの違い
  3. バーの種類
  4. グリップの仕方
  5. 使用する器具の違い

紹介のために分けているだけなので、特に厳密な分け方があるわけではありません。

なお、デッドリフトには

  1. ファーストプル
  2. セカンドプル

と呼ばれる動作があります。

デッドリフトの1stプルと2ndプル
バーが膝より呼び方
下にある1stプル
上にある2ndプル

バーが膝より下にあるか上にあるかで分類されます。ときどき説明で使うので知らなかった方はぜひ覚えておいてください。

デッドリフトのスタート位置の違い

  • 床引きデッドリフト
  • トップサイドデッドリフト

床引きデッドリフト

床にバーベルを置いた状態から始めるデッドリフトのことです。(通常のデッドリフト)

トップサイドデッドリフト

ファーストプルの一部あるいは全てが省略されたデッドリフトのことです。ハーフデッドリフトやラックプルと呼ばれることもあります。

ラックプル

セーフティーバーから挙げるのをイメージしてもらえると分かりやすいかと思います。

メリットは?
脚への負荷が減るので、部位別にメニューを組んでいる人も ”背中の日” に取り入れやすいです。

デッドリフトのフォームの違い

  • コンベンショナルデッドリフト
  • スモウデッドリフト
  • ディフィシットデッドリフト
  • ルーマニアンデッドリフト
  • スティッフレッグデッドリフト
  • ハックリフト

コンベンショナルデッドリフト

“ナロースタンスデッドリフト”“ヨーロピアンスタイルデッドリフト” とも呼ばれます。

コンベンショナルデッドリフト

左右に軸がぶれにくいため、初心者はこちらから始めるとよいとでしょう。

スモウデッドリフト

“ワイドスタンスデッドリフト” とも呼ばれます。フォームが相撲の四股に似ていることからこの名前が付きました。

スモウデッドリフトをする女性

より大殿筋や内転筋を使うので女性のボディメイクにはこちらがオススメです。また、重い物を上げやすいのでパワーリフターはこのフォームであることがほとんどです。

ディフィシットデッドリフト

台やプレートの上に乗るなどして高い状態からファーストプルを始めるものです。

ディフィシットデッドリフト

初動を鍛える補助種目として用いられます。

ディフィシットとは?
赤字や不足を意味します。
例えば、10cmの台に乗って始めた場合、10cm引いた時点で本来のスタート位置になりますので、10cm分だけ赤字の状態から始めたという考え方です。

この種目は地力の強化に有効であり、スランプや停滞期を打破にも効果的です。

関連記事
スランプや停滞期を打破するには変化が必要?

ルーマニアンデッドリフト

ファーストプルから後半からセカンドプル前半に特化し、上体をあまり起こさないまま行います。

ルーマニアンデッドリフト

ハムストリングスや大殿筋の動員がメインになりますので、ほぼ脚の種目です。

スティッフレッグデッドリフト

ルーマニアンデッドリフトよりもさらに脚が固定された種目と考えてください。基本的にはあまり変わりません。

ハックリフト

体の背面でバーベルを持つ場合の呼び方です。

どちらかというとスクワットに近い種目であり、大腿四頭筋の動員が多くなります。

デッドリフトで使うバーの種類

  • ストレートバー
  • ヘックスバー
  • ezバー

ヘックスバー

トラップバーとも呼ばれます。ヘックスという名前の通り六角形になっておりバーの中に入って持ち上げます。

ウエイトの位置が体の重心からずれにくいため、腰への負担が軽減されます。

ヘックスバーとEZバー

EZバー

EZバーは波打ったバーのことです。よくバイセップスカールに用いられます。

通常のバーベルよりも軽いので、20kgのバーベルが重すぎる人向けです。

デッドリフトのグリップ/握り方の種類

  • ノーマルグリップデッドリフト
  • オルタネイトグリップデッドリフト
  • フックグリップデッドリフト
  • スナッチグリップデッドリフト
  • リーブス・デッドリフト

ノーマルグリップデッドリフト

順手で握るデッドリフトのことです。

リストストラップなどを付けてやる場合はノーマルグリップが多いです。

オルタネイトグリップデッドリフト

片側を順手、片側を逆手で握ることです。

オルタネイトグリップのデッドリフト

素手で高重量を持つときはこの持ち方をすることが多いです。パワーリフティングでもこの持ち方が主流です。

フックグリップデッドリフト

親指を巻き込んで握るデッドリフトのことです。

指同士の摩擦を使って握る分、バー自体の握りをやや浅くできるため、挙上の面では若干有利になります。

スナッチグリップデッドリフト

スナッチをするような手幅の広いデッドリフトのことです。より背中へ刺激を入れることができます。

スナッチグリップデッドリフト

リーブス・デッドリフト

ウエイト部分を持つデッドリフトのことです。プレートを握る必要があるため、より前腕の動員が強まります。

デッドリフトで使う器具の違い

  • バーベルデッドリフト
  • スミスマシンデッドリフト
  • ダンベルデッドリフト
  • チューブデッドリフト
  • ケトルベルデッドリフト

バーベルデッドリフト

通常のバーベルで行うデッドリフトです。

スミスマシンデッドリフト

スミスマシンを使って行うデッドリフトです。

スミスマシンデッドリフト

スミスマシンを使って行う場合のメリット・デメリットについては別記事にて紹介しています。

関連記事

この記事のポイント!スミスマシンのメリット怪我のリスクが低い対象の筋肉を意識しやすい1人でも追い込みやすい スミスマシンのデメリット体を支える筋肉が育ちにくいラックアップが難しい最初のセッティング次第でフォ[…]

BIG3をスミスマシンでやるメリット・デメリット

その他

ダンベル、チューブ、ケトルベルなどでも行うことができます。

異なる器具を用いたデッドリフト

まとめ

デッドリフトの種類を紹介しました。

  1. スタート位置
  2. フォームの違い
  3. バーの種類
  4. グリップの仕方
  5. 使用する器具の違い

初動を強くするためのディフィシットデッドリフトなどは、ぜひ試してもらいたいオススメの補助種目です。

目的に応じて使い分けてみてください!

読んでくれてありがとう!
リストストラップを使おう!

デッドリフト、手が痛すぎるんだけど!始めたてのデッドリフトって痛みとの闘いですよね。「なにか手を保護するものが欲しいけど、どれを買うか迷っている」 という人向けに選び方のポイントをまとめてみました![…]

デッドリフトやるならどのギア?
ワイドデッドリフトの伸ばすコツ!

はじめにこの記事は パワーチューブ さんの動画での発言をもとに、パワーリフティングのド素人である筆者が頭の中でのみ辿り着いたお話です。事実とは異なる可能性がありますし、私もチャレンジ途中の内容にはなりますが、ご了承ください[…]

ワイドデッドリフトのコツ
デッドリフトには足袋靴がおすすめ!

10秒で分かるこの記事のポイント!\本日の主役/ワークマンの足袋靴ここがおすすめ!安い軽いグリップ力が高いかさばらない底が薄いコスパ最強です!実はトレーニーに人気のある足[…]

足袋靴でジムに行こう!

Amazon prime day 7/12(火)7/13(水)


7/12(火)7/13(水)は年に1度のAmazon prime dayです。今回のprime dayの概要をまとめていますので、まだ確認できていない人はぜひチェックしてみてください。筋トレ好き向けにタイムセールやポイント還元商品もピックアップしていきます。

prime dayの情報を確認する!