カテゴリ
お得な情報

最大20720円OFF

ブラックフライデー (~12/1)

年内最後の大型セール

ブラックフライデー (~12/1)

プロテインはここから

器具やギアの種類でベンチプレスを紹介!競技力UPにも!

この記事で紹介するもの

  • ギア
    • ノーギアベンチプレス
    • フルギアベンチプレス
  • 器具
    • バーベルベンチプレス
    • ダンベルベンチプレス
    • マシンベンチプレス
    • チェーンベンチプレス
    • チューブベンチプレス

この記事ではギアや器具の使い分けに特化してベンチプレスを紹介します。その他のベンチプレスの種類を知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

目次

ノーギアとフルギアのベンチプレスの違い

分類(ノーギア/フルギア)

専用のギアを付けて行う競技はフルギア、付けない競技はノーギアと言います。

  • ノーギアベンチプレス (クラシック)
  • フルギアベンチプレス(エクイップ)
ベンチシャツ
フルギア専用の上着

参考
ノーギアの大会でもベルトやリストラップは着用できます。公認のリストラップについては以下の記事で紹介しています。

フルギアとノーギアの違い

1番の違いは来ている服のサイズ感によって反発力を出せるという点です。そのため、服のサイズ感と試技直前の体のパンプ具合が記録に影響してきます。フルギアの試合のセッティングはノーギア以上に緊張感があります。

イメージを掴みたい人はこちら

MAXが急激に上がるシャツ着てみた結果がスゴすぎた!【フルギアベンチプレス】

フルギアとノーギアの記録の差

フルギアでは反発力のあるベンチシャツによって大幅に記録が向上します。以下はノーギア/フルギアの世界記録ですが、100kg程度の差があることが分かると思います。

世界記録フルギアノーギア
男性508kg354.7kg
女性274.4kg207.5kg

参考
ノーギアのパワーリフティングの階級や記録を判定するツールを作成しましたので興味があれば使ってみてください。

ベンチプレスで使う器具の種類

器具の種類(ダンベル/スミス/マシン)

器具の違いで分けるときの呼び方です。

  • ダンベルベンチプレス
  • スミスマシンベンチプレス
  • マシンベンチプレス
ダンベルベンチプレスとスミスマシンベンチプレスの比較

使い分け

マシンにはジムで見かけるチェストプレスとは違って寝転がるタイプのマシンもあります。

種目特徴
ダンベル手幅が可変
スミスバーの軌道が固定
マシンバーを安定させる必要がない
(円のような軌道の場合も)

おすすめな人

こんな人にオススメ
  • 胸筋の収縮を強くしたい (ダンベル)
  • 左右差を矯正したい(スミス)

参考
スミスマシンで行うことのメリット・デメリットは別記事で詳しく紹介しています。

追加の道具を使ってベンチプレス

分類(チェーン/チューブ)

  • チェーンベンチプレス
  • チューブベンチプレス

Youtube

BMCSTV 【トレーニング編】#23「トレーニングチェーンについて」その1

使い分け

通常、ベンチプレスはトップポジションに近付くにつれて楽になっていきます。トレーニングチューブやチェーンを使うことで全領域で負荷をかけ続けることができます。

チェーンベンチプレスの有効性

おすすめな人

こんな人にオススメ
  • 筋出力を強化したい方
  • 全可動域で質の高いトレーニングをしたい人

まとめ

ギアや器具などを使って行うベンチプレスを紹介しました。トレーニング自体の質が違うので筋肉に新鮮な刺激を与えることができます。ぜひ試してみてください!

読み返しはここから

  • ギア
    • ノーギアベンチプレス
    • フルギアベンチプレス
  • 器具
    • バーベルベンチプレス
    • ダンベルベンチプレス
    • マシンベンチプレス
  • 追加の器具
    • チェーンベンチプレス
    • チューブベンチプレス
読んでくれてありがとう!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次